2015年 06月 28日 ( 1 )

彼の薔薇の咲く庭



我が家の庭もそろそろ薔薇の最盛期が過ぎ
後は遅咲き品種が咲けば終わり
庭の写真をアップしてなかったので、今回はよく咲いていた頃をダイジェストでお届けしようと思う


今年は春から暖かく、急に寒くもなったが平均して気温が高めで経過していたと思う
昨年は強風に半月も続く長雨に散々な結果だったが、今年は強い風が吹く事もなく
開花期の気温は平均して低め、途中日差しがかなり強い日が続き花がかなり傷んだが気候的には良かったと思う
ただ、肌寒いくらいの日も多く、開花がゆっくり過ぎるためにERなんかの花の寿命の短い品種は
咲いて散るのは良いが次の花がなかなか開かないので、一気に咲いた感じがせず見頃を失ってしまった感じだ(汗)
c0365716_23132234.jpg


良かったものあまり調子の出なかったものなどなどだが、それはしょうがない
ただ、今年もまだまだ完成には程遠いなと言う印象・・完成など無いのかな
まあある程度バラが色々な支持物をカバーできれば、少し満足いかなくてもそれが完成なのだろうとは思うが
今年は、いや今年もまだまだ完成には程遠い・・あと三年くらいはかかるかな(汗)



c0365716_23160527.jpg





クレマチスのプリンスチャールズが見事に茂って花を溢れんばかりに付けてくれた


c0365716_10574961.jpg


なんとか不調から復活出来たマダムイサークペレール、今年はまさかのレディーオブシャーロットと同時開花
c0365716_10573676.jpg

実生のジギタリスを纏めて移植しておいたが、全て白花の種だったはずなのに紫が咲いた
僕は白だけで良かったのだが、とちゅう少し離れた場所に紫を入れたがそれと交配してしまったのだろうか・・
また白の種だけ取ってばらまこうかと思っているが、苗でやり直したほうが良いのかな
c0365716_10565953.jpg




今年はアーチのウィリアムモリスは凍害で主力の枝が半分無くなってしまった。涙
暖冬で雪が少ないのも喜んでいられない、フォールスタッフは欲張って枝を伸ばしすぎてブラインドが多くなり
また来年の剪定の課題が出来てしまった


c0365716_10572300.jpg

枕木の間を抜けた所、こちらは遅咲きが多いのでもう少し

c0365716_10574266.jpg


レディオブシャーロットが終わりマダムイサークの開花が進む
イサークは途中でダメそうな枝を結構切り取ったがまあまあの花付きだった
c0365716_10564687.jpg

手前はモーティマーサックラーとツルアイスバーグ
アイスバーグはずっと奥に植栽してあるが、手前にツルを持ってきてポールに巻きつけてある
昨年はツルが足りなくて出来なかったが今年はなかなか良かった
ただ、後ろから西日が当たるので裏側の方が花が多い(汗)

c0365716_10565268.jpg

全景なので判りにくいが遅咲き種の開花が進む
c0365716_10564041.jpg



今年はポール仕立てが出来上がってきたのが良い
ガートルードジェキルだけはもう少し

c0365716_10563349.jpg


ジュビリーセレブレーションの開花が進んできた
ここだとアストランティアとアルケミラモリスが傍に植栽してあるのが判る

c0365716_10562199.jpg



ここからちょっとだけ番外編
パレードなどの植栽場所がよく判らない事が多いと思うので今回は公開しようと思う
本当は家が写ってしまうのであまり公開したくないのだが(汗)

いつも撮影してアップしている主庭とは反対側の前庭
ここは方角的には北東側、早朝から日が当たり10時頃までには日が陰る場所だ
しかし花が長持ちでとても良い、薔薇は育たないだろうと最初は山野草や高山物などを植栽していたが
今となれば薔薇しか植えてないように見える(笑)
薔薇庭は東~南東側に広い植栽スペースが有るのが一番好ましいと思う

c0365716_10562714.jpg
簡易的に作ったパーゴラで冬季は雪を窓の下まで積み上げるので、パーゴラ上部の横の渡し棒は取り外している
手前には1mちょっと有る塀があり、パーゴラはそれなりの高さがあり2.5m程度だと思う

やはりステムの長い薔薇はパーゴラが一番
それにしても換気扇のダクトが(笑)

c0365716_10560816.jpg

我が家の主庭は南西向き、そして前庭は北東
それともう一つの植栽スペースが南東のここ
ここは植栽スペースというよりもほぼ通路で、よくこんなところに植栽してあるなと思われるような場所、土だけはちゃんと深く入れてある
つい最近紹介したバロンとソニア

c0365716_19373963.jpg

また主庭に戻ると遅咲き種の開花が進む
c0365716_10561565.jpg
我が家の庭は外からも奥以外はよく見えるオープンなガーデンだが、ほぼシークレットガーデンで
数える程の方しか見に来ない、規模が狭いことと僕自身にそんなに余裕が無いからだが
場所も中通りで通りがかる人もそれ程多くないが、大きな通りに面していたらちょっと大変だったかもと思っていたりもする(汗)
ご近所さんや通りがかりの方々は外からずっと眺めたりしているらしい(笑)
別に見せたくないわけではないので、声をかけてもらえたら快く見せるのだが

まだ明るい夕方に上の写真に見える枕木の間の扉を閉めて中で一眼でバシャバシャと写真を撮っていたが
外で女性の声がする、庭について話しているようだったが気がつかないフリをして撮影していたが
僕の気配に気付き、奥様方は
あれ?旦那さん?奥さん?旦那さん?奥さん? すみませ~ん!

あ、来た(汗)

はい、と扉を開けると

あ、奥さん?

?どうみても旦那ですけど、ヒゲ生えてるし(笑)

その後は僕が育てている事に驚き、奥にどうぞと庭に迎え入れ
バラについて聞かれた事を説明、きっと帰ったら忘れるんだろうなと思いながらも聞かれた品種名を教える(笑)
まあブログでも見ていれば後でも判るのだが


一人の奥様は木立の薔薇を20本程育てていて、もうひと方はピエールを一本育てているらしい
シュラブを見てツル薔薇かと聞かれるので説明をしたがよく理解できないようだった、解るわけないか(汗)

一人は実は我が家を見に来るのは三度目だったらしい(笑)
私がここを見つけたの!と自慢げだった
どうやらバラが好きなので犬の散歩がてら薔薇庭を探して歩いているようだったが、この辺ではここが一番よ!と言ってました(汗)
それもそのはずこの辺には薔薇庭など殆ど無いからね~

三度目と言うので、バロンを見たか聞いてみたところ
見てないと言う、お主もまだまだよのぉ~と思いながらもヴァリエガータディボローニャは見たかと聞いてみる
さすがにヴァリエガータディボローニャは見たらしい
何故か僕は気に入る気に入らないは別として、こんなに嫌味の無い絞りがあると言う事を知ってほしいのか
来た方に必ずヴァリエガータディボローニャを見てもらう(笑)

その頃パレードやジャスミーナなど遅咲きはまだまだこれからだったので、また通って見てくださいといってお別れ

普段我が家なんか見られてないと思っているブロガーや薔薇の庭を持っている皆さん
実は結構見られていると思いますよ(笑)
まあでも自分は殆ど庭に居れないので、沢山の方が育てたバラを見て楽しんでいるのなら良かったと思える



c0365716_10562199.jpg

最後は物干しから(笑)
この水色のパーゴラみたいのはパーゴラのような物干しで
洗濯物を干す時はこんな景観が広がる
このパーゴラには薔薇は這わせず虫が付かず、消毒も要らないクレマチスを這わせてある

c0365716_10560247.jpg


景観としてはまだまだだが、個々の薔薇は頑張って開花してくれたと思っている

これからはそれらを品種別に紹介していけたらと思っているのでお付き合い頂けたらと思います



記事にお付き合い頂き有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みになりますのでよろしくお願いいたします。





 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-06-28 13:00 | 2015年の庭