人気ブログランキング |

2016年 04月 08日 ( 1 )

薔薇と共に咲く 其ノ二














すっかり春になった北海道
宿根草の芽が顔をだし、バラの芽も陽のよく当たるところは葉が展開しそうだ
これから少し寒くなるようだが凍てつく寒さではない
春はほんとうにいい

柔らかな日差しの中で植物を眺め、枝に触り土をいじる
日差しの中で流れる風・・強風の日も多いけど。汗
庭仕事には心地良い疲れがある
色々な事を忘れて夢中になれる

刻一刻と姿を変えてゆく植物

土の感触

それぞれの植物が一番輝く瞬間に向かって歩み出すとき

大きな期待と少しの不安が入り交じる

春の喜びと始まった庭仕事の達成感を感じ

そして今年もまた始まる





さて、今日の紹介はジュビリーセレブレーションを挟んで対に植栽している宿根草

アルケミラモリス
(写真は花が開き始めた頃)
c0365716_19404905.jpg


花がかなり開いてきたところ
ジュビリーの剪定が甘かったか支柱をしたのが目立ってしまっている・・・
アルケミラモリスはハーブの仲間のようだ
そう言えば結構甘く香る植物だ
どう利用するのか知らなかったがレディスマントルと呼ばれ
女性のためのハーブとして役に立つようだ
詳しく書かれている記事を見つけたのでどうぞ
レディスマントル

c0365716_19410434.jpg


いつも庭の定点撮影している方向と逆の物置から撮影した庭
アルケミラモリスがよく見える
薔薇はまだ最盛期ではないが、このアルケミラモリスもアストランティア同様
薔薇の開花期に開花してくれる宿根草だ

c0365716_19411913.jpg


ジュビリーが開花するとこんなコラボを見せてくれる

c0365716_19414017.jpg


我が家には庭の手前意外に黄色は一切入れるつもりは無かったが
アルケミラモリスだけは黄色が無い場所でも違和感なく景観に溶け込んでくれる
なんとも不思議な魅力を持った宿根草だ

c0365716_19412997.jpg



ジュビリーセレブレーションとアストランティア、アルケミラモリスの位置関係がよく判る一枚

c0365716_19420122.jpg



アストランティアと一緒の時とはまた違った雰囲気が良い

c0365716_19415073.jpg


ジュビリーセレブレーション、美しい薔薇だ
ってまたジュビリーの記事みたいになってきてしまった。汗

c0365716_19423841.jpg


終いに背景になってしまうアルケミラモリス・・・
いやいやアルケミラモリスも十分魅力のある植物だ
記事の一枚目二枚目の写真には葉が写っているが、とても個性的な葉を持っていて
僕はこの葉が好きだ、春には美しく水を弾く姿に所有している誰もが一度は感動しているはず

c0365716_19422410.jpg
我が家のアルケミラモリスはアストランティアと同じくらいの草丈で60cmは有ると思う
品種別で販売されている事が少ないように感じるが我が家のように大きめの品種と矮性の品種とが有るようだ
やはりブッシュの薔薇とはこのくらいがよく合っているように思う
ここはジュビリーとアストランティア、アルケミラモリスの共演はまるで花束のようだ

今年もこの景観が出来上がるのを楽しみにしている



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーをポチっとクリックしてくださると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
by tsukiiro2613 | 2016-04-08 21:59 | 宿根草