カテゴリ:ツルアイスバーグ( 3 )

白い蔓薔薇の有る風景





今日は白い蔓薔薇の紹介
1968年Cant of Colchester作出 イギリス


c0365716_21242565.jpg


さてどの薔薇か探してみましょう
その薔薇は扉を抜けて左奥
c0365716_21223668.jpg


きっともうお分かりですね(ビニポットはセプ子です)

c0365716_21210053.jpg



誰もが知る有名なツル薔薇と言えばピエールドロンサールやニュードーンが上がるだろう
そして白いツル薔薇と言えばフロリバンダのアイスバーグの枝変わりアイスバーグ クライミング
c0365716_21233658.jpg

白いクセのない美しい花と素晴らしい花付きはそのままによくシュートを伸ばすツルとなったのが
つるアイスバーグ、残念ながら超優秀な四季咲き性は失ってしまった
充実すれば少し返り咲きする事が有るらしいが我が家では一季咲き

c0365716_21205583.jpg







一昨年まではポール仕立てにしていたつるアイスバーグ
昨年はポール経由でシャラの木にも誘引する事にした

c0365716_21214940.jpg
ポール仕立てを辞めた理由としてはツル薔薇はせっかく伸びたツルが使い切れずポール仕立てでは勿体無いと感じたからである
村田氏の著書を後で見ると元々長く立ち上がってから開花するシュートを伸ばすクライミングはポール仕立てやアーチには向いてないと記載してあった
我が家のアイスバーグはポールからかなり離れた位置に植栽してあり、下の方は違う薔薇で隠れる上にシュートを引っ張ってポールの途中から巻いていたのでその点については大きな問題にはならなかったがこの有り余る樹勢を細いポールに巻きつけて抑えるのはいささかどうかと思ったのだ
ちなみに昨年の開花はこちら↓
これはこれでコンパクトに纏まっているのだがやはり広い面を使う方がクライミングには合っているだろう
元々はお隣のガレージを隠すために経界側に植栽しているアイスバーグだが、そこでは生育に問題が有ったのでポールを選んだのだったが
ポール仕立てはポールに収まり開花の得られやすいシュラブやモダンシュラブが適しているだろう(もちろんどれでも良いわけではない)
ちなみに村田氏によるとブルーマゼンタのようなランブラーも開花が得られやすいんだとか、ほぉ~ブルーマゼンタは近くに有るけどねえ~。



今年はFLの方のアイスバーグが前代未聞の不調で花付きがイマイチだったのが残念だった
しかしツルは昨年とは比べ物にならないくらい良い開花を見せてくれた、毎年何かしら上手くいかないことってあるものだ
c0365716_21225856.jpg


花を傷ませる雨も花弁を濡らすとの時はとても美しい
c0365716_21211877.jpg


アイスバーグは開花が進むとシベを見せるようになる
このシベがまた愛らしいのだが僕はシベが黒くなってくると花殻を摘んでいた
c0365716_21210960.jpg


しかし見上げる薔薇になった今は開花が終わり頃になってからに変わった
これは庭全体に言えることだがこればっかりは仕方のないこと

c0365716_21205583.jpg

またちょっと引きで見てみる
本当は扉の向こうに緑の棒のように見えるクレマチス アルバラグジュリアンスが無ければ奥はよく見えるのだが
敢えてそこに植栽し見えないようにしている(笑)
c0365716_21242565.jpg




よく見ると大きな白いツル薔薇が背景を飾っている、それでいい。
c0365716_21243597.jpg


あまり撮影しないが一番奥から撮影してみたところ
モーティマーサックラーが一番奥に有るのだが、昨年は傘のように仕立てて下を通るように誘引した
すると花が見えなくなってしまった。涙
c0365716_08475937.jpg


こちらもあまり載せない角度、アイスバーグや右に見えるロイヤルジュビリーは良いのだが
物置の壁面が未だ完成しない、他は遅咲きなので開花はこれから

c0365716_21225129.jpg


フロリバンダのアイスバーグとツルアイスバーグは枝変わりなので花は同じはずなのだが
樹勢のせいなのか少し違う花に僕は見えるのだ

c0365716_21243036.jpg


アイスバーグはほぼ満開を迎えているがアイスバーグの下のピエールオジェは開花が終わり
すぐ横のアランティッチマーシュ手前のジュビリーはこれから、一緒の方が良かったかな
c0365716_21235776.jpg

少し近寄った写真
アランと同時開花だと嬉しいんだが
c0365716_21242191.jpg


暗緑色の半照り葉と純白の花がとても美しいアイスバーグ
c0365716_21224551.jpg


アイスバーグはフロリバンダ、クライミング共にハーディネスゾーンは4bからの薔薇だが
株が若い頃は凍害が出ていたのであまり強い印象は無い
今はツルを寝かせて雪の中で越冬しているので充実してからの耐寒性は判らない、おそらく充実したツルならば札幌辺りなら無事に冬を越せるのだろう
しかし枝変わりのバーガンディは6bからになっており、はて?と思ったが枝変わりで耐寒性が変わるということも有るものなのか不思議に思った
c0365716_21210960.jpg



耐病性はフロリバンダもクライミングも同じなのだろうが花を何度も咲かせる分フロリバンダの方が消耗は激しい事だろう
クライミングは秋には気がついたら下葉が黒点病になっているが樹勢が強いのでおかまいなし
そもそも開花が終われば他のバラの成長のために誘引を外してシャラの木の後ろにツルを回すので消毒なんかまともに出来やしない


開花している箇所が団子のようになっているのでおそらくこれが満開の状態、開花してない蕾はあと僅かだろう
c0365716_21230462.jpg


満開を迎えた頃、花の寿命より先に雨と猛暑が訪れ
アイスバーグは強制終了となった
c0365716_21243912.jpg
写真だけであまり書かない記事にしようかと思ったら終えると結局ダラダラと色々書いていた(笑)
昨年はポール仕立てからスクリーンぽく変更したアイスバーグclだが
今年は更にアイスバーグの近辺の誘引を変えていこうと思っているので楽しみにしている。



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-03-10 12:53 | ツルアイスバーグ

CLアイスバーグのポール仕立て



今日の紹介はアイスバーグ クライミング
つるアイスバーグの紹介 作出1968年
フロリバンダのアイスバーグが発表されてからちょうど10年後に
FLアイスバーグの枝変わりであるCLアイスバーグが発表されている


c0365716_08331122.jpg

















よく伸びるツルである事以外はFLアイスバーグと同じだがFLは完全な四季咲き性をもつのに対して
残念ながらツルは一季咲きしかし花付きがとても良く演出効果の高い薔薇である
花は同じはずなんだが僕はどうもちょっと違う気がしてならない



c0365716_08330509.jpg



















ツル薔薇であるこの薔薇はポール仕立てにしている
我が家で唯一四季咲きではないポール仕立ての薔薇
クライミングローズは枝変わりも多く有りステムが長い事が殆どだ
このツルアイスバーグもステムが結構長い品種だ



c0365716_08333384.jpg


















つるアイスバーグは確かハーディネスゾーンナンバーは5くらいの耐寒性の高い薔薇だったと思うが
札幌は6bのはずだがナンバー4くらいの薔薇じゃないとまともに冬を越してない
最近の札幌は氷点下15度になる事も殆ど無い(いや無いかも)上に積雪地帯なのにだ
この薔薇も毎年枝先に凍害が出てしまい思う存分前年に伸びたツルを使い切れない

この薔薇はポールの足元ではなくずっと斜め後ろからツルを引っ張って誘引している
ポールの足元には実はマダムピエールオジェが植栽してあり、マダムピエールオジェはそこから左横に倒して誘引している(笑)
つるアイスバーグを迎えた当初は物置の壁面に植栽したが、なんだかちょっと違うと思って鉢上げ
その後マサムイサークの場所に鉢植えのまま仮に置いていた
そして見つけたのが下の写真のポールの場所、ではなく写真で見える
広葉樹やモーティマーサックラーの背景にスクリーンとして誘引しようと思い広葉樹の裏側に植栽した
ただこの閃きは上手くいけば景観としては良いが広葉樹の裏になると日差しが写っているお隣の住宅側から強く当たり
こちら側(見る側)は日陰になってしまい花は逆向きに、シュートもお隣に向かってビュンビュン伸びるので
これではどうにもならないとこのポールにアイスバーグを引っ張って誘引する事を思いついたのだった
植物は必ず日差しに向かって伸びるので境界近くに植栽する際はどちらから日差しを受けるのかを意識しなければならない

ポールを思いついたのは良かったが凍害で伸びた長さよりも短くなってしまうので
ポールは覆えたものの満足いく程の長さでは残らず少し物足りない



c0365716_08332640.jpg


































ERのポール仕立ては段仕立てというか枝先を満遍なく配する感じで仕立てているが
この薔薇は四季咲きシュラブではなくツルなので長さの足りないツルを何本も途中まで巻きつけて徐々に上げている



c0365716_08340547.jpg




































下の写真の左の広葉樹の真後ろ辺りに株元が有り、そこからポールまで引っ張っている
日差しは写真の左下の方角から右上の方角に向かって抜ける感じだ
こちら側に花が少ないのは樹木の陰になってしまうから
しかしこちら側からもある程度日差しが当たるのでスクリーンにしようと思っていた頃より良い
だが株の裏側からの日差しの方がやはり強く裏側に雪崩のように花が咲いている


c0365716_08335611.jpg

































広大な庭でない限り日差しを受ける方向を考える事は避けて通れない課題だ、しかも隣家の事も有るから尚更
ツルは株元が日陰だったり日照の条件の悪い場所でも花を付ける利点が有るが
しかし伸びたツルが日差しを受ける場所に出て始めて元気になってくる事が多いだろう
花は必ず陽のあたる方向に向いて咲く、枝ももちろん日差しを求めて伸びるので
ツルで何かを覆う、這わせる場合は日陰から日向に向かって伸びるように植栽しなければ
後から日陰を覆いたいと思ってもなかなか難しい
ツルは誘引である程度調整できるが最初から日差しに向かって伸びるように
配置した方がその後の作業が楽だし花のつき方や生育に無理がないように思う


c0365716_08335089.jpg



















上の写真はいつも見るアイスバーグの反対側、見かけない紫色の薔薇が有るが
その後ろの方に雪崩のように咲いている、脚立に乗っているが見えない(汗)こればっかりは仕方が無い
FLアイスバーグは四季咲きでとても人気の高いバラだが
つるアイスバーグも一季咲きながらFLアイスバーグと同様に美しく愛らしい
花付きの良さ強健さから人気が高く確か村田氏が強く勧めていたように思う





c0365716_08334433.jpg




















下は花殻だが実は冒頭の写真は花殻のアップ
この薔薇も昨年の強風で多くの花が傷んだ、見えない場所ばかり花が残ったので早めに終了した
前の記事にも書いたと思うがこのポールでアイスバーグが伸びると下のマダムピエールオジェが日陰になってしまうので
花が終わると誘引を解いてエイっと広葉樹の後ろで適当な日差しに当たってもらうのが恒例になっている
昨年は花の傷みがあったので早々と終了させマダムピエールオジェに早めに日差しを受けられるようにしたのだった
ただ葉の有る生育期にツル薔薇の誘引を解いて移動するのは結構大変だったりする汗
c0365716_08331844.jpg


















今回の記事では何処にあるか判らなかったと思うがポールの足元に植栽している
マダムピエールオジェに樹勢が付いてきている
本当は写っていた紫色のバラを更に上方に使おうかと思っていたが
オジェの動きに来年はまた違う誘引をしようか考えている所である




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-29 14:18 | ツルアイスバーグ

白いツル薔薇


今日はつるアイスバーグの紹介
先日紹介したフロリバンダのアイスバーグとこのつる薔薇のアイスバーグどちらも所有している

c0365716_21532946.jpg

フロリバンダのアイスバーグは薔薇の品種の中では庭作りを始めた当初から植栽している初期メンバーだ
優秀だと評判な事から一番目立つ位置に植栽した
一方つるアイスバーグは一季咲きではあるものの、その優秀さはやはり折り紙つきで
つる薔薇としても素晴らしい景観を作り出してくれる薔薇である

c0365716_20593894.jpg
c0365716_15012682.jpg


フロリバンダを迎えて少し後で迎えたつるだった
当初は物置の壁面をカバーしようと考えていたが、このバラを迎えた当時イングリッシュローズにはまり
色々配置替えをしているうちに植栽場所に迷い
地植え後すぐに鉢上げし、二年くらいを棒に振ってしまったのだった

c0365716_20592582.jpg

その後お隣のガレージが見えないようにしようと思いついた
上の写真で見える木の裏側だが、半日陰でもよく伸びニュードーンと共に
裏側が全て見えないようにしようと思っていた
しかしガレージの横面では思うように日が当たらず、花はチョボチョボ
ガレージの上に到達した時から異常に伸び始め、樹木の裏側からは強い西日が当たるため
日差しを求め僕が観る方向とは反対側に花が沢山咲くようになった
まあ植物なので日のあたる方に伸びて花が咲くのは当たり前の話
ガレージの上に出ないように育てようかと思っていたが、ちょっと植物を甘く見ていたようだ
薔薇も生きるのに必死なのだ(笑)


c0365716_20590196.jpg

そして苦肉の策で思いついたのが昨年辺りからやっているポール仕立て
よく伸びるツル薔薇なので 奥のフェンス際に植栽してあるアイスバーグをこちら側に引っ張りポールに絡め上げている
ちなみに昨年はまだまだ絡めるところまで行ってなかった
2014年のつるアイスバーグ
昨年の記事を見ると一年でよく成長しているのが判る
ただもう少し充実した枝を使えればと思っている
それと来年もう少し長く枝を残せればまた違う見せ方が出来るのでは思っている


下の写真はポールの裏側の見える部分
アイスバーグの根元は写真右端の下の方にある
こちらからは強い日差しを受けるのでやはり花付きが良い
c0365716_20591043.jpg

FLアイスバーグと同じ花のように見えるが
僕はツルの方は花弁が少し波打っているように見える

c0365716_20585620.jpg

本当に嫌味が無くどの景観にも溶け込んでくれる素晴らしい薔薇だ
c0365716_20590501.jpg
アイスバーグの余った枝は左側にも這わせてある

c0365716_20585133.jpg

アイスバーグは左横の樹木の奥に植栽してあり、そこからツルを引っ張っているが

c0365716_20584477.jpg


実はここは元々マダムピエールオジェを括りつける為に設置したポールだった
思いのほかマダムピエールが伸びず、マダムピエールは前方に垂れるように這わせ
その上をアイスバーグで作ることにした
右のピンクの薔薇はモーティマーサックラーだが、モーティマーはポールではなく
ポールでは巻きつけて側芽を頂芽にするが、モーティマーの場合は縦に自然に這わせて枝先を切り詰め頂点を沢山作っている
四季咲きのシュラブの場合はどちらでもいけるので、好きな仕立てをすれば良いと思う
モーティマーはよく伸びるのでわざわざシュートを横にしなくても良いというだけ

c0365716_20583546.jpg

雨に打たれ俯くアイスバーグも美しい

c0365716_20582562.jpg

モーティマーはこのまま来年度も変えないがつるアイスバーグの方が自由度が高いので
来年はどうするか写真を見ながら考えている

c0365716_20581950.jpg




c0365716_20581219.jpg
庭の入口の方から見るとモーティマーが見えるので位置関係が判るかと思う

c0365716_20580101.jpg

同じ写真ばかりに見えるがこの頃はもう終盤

c0365716_20575224.jpg

ただアイスバーグがこのポールに絡まったまま一番花以降茂ってしまうと周りが酷く日陰になる
その上景観も乱れてしまうので、花が終わると誘引を外し樹木の裏側にツルをそっと戻しておく
それから花を見るわけでもないので、あとは自由に伸びてくれる
c0365716_20573248.jpg

いつもとは違う角度から
マダムイサークが凍害にあわないともっと良いのだが・・

c0365716_20574350.jpg

つるアイスバーグ、来年はどんな景観を作ってくれるか楽しみだ

c0365716_20573750.jpg


記事をご覧くださり有難うございました。
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m




 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-10-25 15:17 | ツルアイスバーグ