ジュード色




今日の紹介は秋のジュードジオブスキュア

c0365716_20244764.jpg

昨年の秋は夏の施肥も効いてなかなか良い蕾の上がりだったが
とにかく悪天候で咲いては咲いた分だけダメになるの繰り返しだったように思う
c0365716_20245592.jpg

この独特の色合いとER屈指の濃厚な香りの花でお気に入りの薔薇だ
男性の名前の薔薇という事もあって以前のブログの名前にも使っていたほどだ
c0365716_20245151.jpg

この花は珍しく渦を巻いたように咲いている
c0365716_20244473.jpg


天候の悪い日が続いていた中で久々の晴れ間
ジュードに柔らかな日差しが差し込む
c0365716_20244083.jpg


画像から濃厚な香りが伝わってきそうだ(笑)
この薔薇の香りはガードルードジェキルやフランシスデュブリュイのようなツンとくるような香りとは違い
熟した果実やワインの香りを混ぜたような・・・言葉では上手く言い表せない
よく香るがマイルドな香りがする
c0365716_20243543.jpg

開花の始めと終わりでは褪色して花の色合いが淡くなるが
それとは別に開花がある程度進んでくると、色合いが株の花全体に淡くなってくる
c0365716_20243073.jpg

ちょっと哀愁漂う秋の開花
春の元気いっぱいな開花とは一味違う
c0365716_20242542.jpg

開花も終盤になると
何度も雨の前の強い風とその後の雨に打たれ傷ついた薔薇が痛々しい
c0365716_20241413.jpg

ディープカップ咲きの薔薇
何色とも言えない微妙な色合いの薔薇
ジュードが好きな人は黄色いバラと言われるとちょっと不服なのではないかと思ってしまう
ジュードジオブスキュアは黄色ではなくジュード色の薔薇
この何とも言えない絶妙な色合いの薔薇が存在することがイングリッシュローズの魅力の一つだろうと僕は思う
c0365716_20240986.jpg

咲き終わり頃の薔薇、小さく傷んでいる
紹介したのは悪天候で多くの蕾の中で綺麗に咲いたのはほんの一部だったが
濃厚な香りと秋にも素敵な色合いの花を見せてくれてお疲れ様と言いたくなる開花だった
c0365716_20240482.jpg

ジュードジオブスキュアも先日のセプタードアイルと同じように
ERの中では耐寒性は中程度である程度の高さ以上は毎年凍害で枯れてしまう
特にジュードは枝が固く巻きつけたり大きく曲げたりする誘因には向いてない薔薇だろう
ポール仕立てだがあまり無理すると太枝が縦に裂けてしまったりする(経験済み)
切り詰めても咲くので高さの自由度は高いと思うが
誘因するのなら緩やかに曲げられる壁面の一部なんかが望ましいだろうと思う
我が家はポールだが巻き付けずに段違いに剪定するなど工夫すれば問題無いだろう

先日のセプタードアイルと今回のジュードは今年は遅咲きになりそうな気配だが
今年も楽しみにしている



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-05-20 22:11 | ジュードジオブスキュア | Comments(6)

好きです セプタードアイル



今日はセプタードアイルの紹介
題名の通り気に入っている品種でつい薔薇に告白してしまったが(笑)
なかなか無いピュアなピンクの愛らしい品種である

c0365716_20425587.jpg

D・オースチン氏が交配の過程でピュアなピンク色の薔薇が出にくくなっていると語っていたのを本で見たが
確かに現代バラで純粋なピンク色の薔薇と言うのは有りそうでかなり少ないと思う
D・オースチン氏の作出した薔薇の中でもセプタードアイルのようなピュアなピンクの薔薇は殆ど無いのではないだろうか
c0365716_20431372.jpg

これぞカップ咲きというような綺麗なカップ咲きのコロンとした花
この薔薇はミルラの香りが強く香る、我が家の薔薇の中ではどの薔薇よりもミルラの香りが強い
c0365716_20430020.jpg


DA(D・オースチン氏)のサイトでは頼もしい程丈夫と記載されているが
本当に花の容姿とは異なり元気な薔薇だ(二年目以降)
とは言っても病気にならないとかではなく樹勢などを含め総合的に信頼できる薔薇という印象
ただ耐寒性も充分と記載されているが、耐寒性はそうでもない。汗
昨年中伸びた枝をかなり長く残したが凍害が出て長いこと芽出しに時間がかかった
今やっと後遺症から復活して来ている最中だ
ただ長く残そうと思わなければ僕の住む辺りでは全く問題無いだろう
c0365716_20425187.jpg

先日レディエマハミルトンの命名したDAは何を考えてそうしたのかと記事に記載した
育種の過程で色々思うところも有ったのかも知れない
レディエマハミルトンの記事でセプタードアイルの名前についてコメントを頂いたが
僕も前に記事に書いたことが有ったが、この薔薇も摩訶不思議
セプタードアイルとは「王の治める島」という意味、それを知って正直
へ?
と思うしかない
いや島じゃなくてせめて薔薇でしょうよ・・・

c0365716_20424605.jpg


まあ名前は良いとして花は本当に魅力的だ
c0365716_20423639.jpg


白バラでもないのに純真無垢という言葉がこの薔薇にはピッタリ
ピンク色の薔薇は女性のイメージが強いがどちらかと言うと魅力的な大人の女性ではなく
少女の愛らしさを持った薔薇の印象だ
c0365716_20423168.jpg

株全体はと言うとビロ~ンとこんなに伸びている。汗
左側から登っているシュートは写りきってないがシュートの先に花が付いている
右端から斜め上に上がっているシュートは4m位伸びて奥の木にもたれかかっている
しかしこの薔薇は夏剪定が有効な品種としてDAのサイトでもイングリッシュローズの全てでも記載されている
しかし暖地ではとのことなので寒冷地の僕は無視して伸ばした(笑)
それでもこの通りちゃんと花が咲いている
これは長く残したかったのも有るが、9月に秋バラを咲かせたかったのもあって夏は軽い剪定に留めていた
それは少しでも早く咲かせる苦肉の策だった、昨年の秋バラは殆どビロンビロン。汗
もう充分伸びているので今年は夏剪定をちゃんとしよう

c0365716_20414321.jpg


秋の遅い朝日が庭に差し込んでくる
c0365716_20422560.jpg



秋バラは春の一番花と違い味のある写真が多いように思う

c0365716_20422078.jpg
c0365716_20415673.jpg


強い日差しや雨でボーリングしそうだが、この薔薇はボーリングしたのは見た事がない
ブラザーやジェフはボーリングが酷かったが・・・

c0365716_20420793.jpg

この薔薇も大雨やヒョウの被害をもちろん受けてその影響で花はかなり駄目になった
本当に散々で折角夏バラを諦めて9月に設定し開花させても
こんな天候なら春だけでもいいやなんて思ってしまったが
こうやって見ると結構咲いているし、秋に咲く薔薇が有るからこそ一季咲きの薔薇も良く見えるのだろう

c0365716_20420244.jpg

春の開花なら直射日光で花は白飛びしてしまうが、秋の柔らかい日差を受ける薔薇はなかなか良い
c0365716_20414917.jpg


いい。
c0365716_20413603.jpg

セプタードアイルはシベの見える写真も多く掲載されているが
我が家は年を追う每、株の充実するにしたがってシベの見える花の出現率が少なくなってきている
どちらかと言うと開花終わりの貧弱な花くらいしかシベは見えない
c0365716_20413100.jpg


秋は悪天候に度々邪魔されるものの
開花期は長く花もちも良く、ひとつの品種の薔薇で色々な表情を見せてくれる
セプタードアイルはどの花も崩れることなく最後までカップを保ち散ってゆく

c0365716_20412003.jpg


純粋な色合いで美しさと愛らしさを併せ持つイングリッシュローズの名花
今年また会える事を楽しみにしている。
c0365716_20411560.jpg

記事をご覧いただき有難うございます
お帰りの際はバナーをポチっと押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-05-19 21:56 | セプタードアイル | Comments(6)

ライラックピンクのイングリッシュローズ



今日の紹介はチャールズレニーマッキントッシュ
もちろん昨年の秋の花
c0365716_20591009.jpg


このバラはブッシュとして紹介してきたと思うが
シュラブとしては伸びないという事でブッシュとしていたが
シュラブの定義が広すぎて説明するのが難しいが
このバラはここでは小さなシュラブ(柔らかな茂みを作る低木)の意のシュラブ
シュラブとは
基本的に何かに這わせればつるバラのように使える半ツルのバラに一番よく使われている名前だと思う
しかしチャールズのように伸びないバラもシュラブ
とても幅広いが大きいバラだろうが小さいバラだろうが
基本的には這わせる事なく自然に育てるとフワッと丸い茂みを作るような低木の事を指している(例外もあり)
チャールズはどちらかと言うとフロリバンダに近い使い道のバラだが細い枝先にも花を付け
枝は柔らかくフロリバンダのそれとはちょっと違う伸び方をする
c0365716_20590029.jpg

チャールズは記事の題名のようにライラックピンクの魅力的な花色で
整ったカップ咲きに内側の花弁はふんわりルーズな並び
その独特な姿に魅了される人が多いのではないだろうか

開花時期の調整を考えると上手いことベーサルの高さを秋に合わせる事が出来ない(汗)
どうしても一度のピンチでは通常の開花とベーサルから出た花の高さの差が大きすぎてしまうのだ・・・

c0365716_22323134.jpg
c0365716_20585454.jpg

僕には香りが感じられないが香りは有るらしい
一応イングリッシュローズである限り香りが有る事も条件に入っているのだろう
栽培者が嗅ぎ取れるかどうかは別として香りの記載は必ずと言って良い程ある
c0365716_20584900.jpg

我が家はカップ咲きでも整った花弁が多いので
この薔薇はちょっと異色の存在だったが
この薔薇で花弁の中がルーズな俗に言うクシュクシュの花弁も好きになった
c0365716_20584412.jpg
c0365716_20583636.jpg

秋には度重なる風と雨に枝が項垂れてしまう、なりふり構ってられないので
支柱と麻縄がよく見える(笑)
c0365716_20583150.jpg


日本人の好みなのか紫色の系統に人気が集まりやすいが
イングリッシュには藤色の薔薇は無いので
このチャールズレニやシスターエリザベスなんかは人気があるのだろう
おそらくだがライラックローズは樹勢や耐病性の面であまり育てる方がいないのだろう・・・廃盤だったか?汗
c0365716_20582650.jpg
c0365716_20582150.jpg


そろそろ開花も終盤
c0365716_20580750.jpg

一応樹高の低いシュラブ(ブッシュとしている)物は
宿根草とのコラボを果たしている、しかしちょっとだけ宿根草の方が開花期が遅い
c0365716_22341857.jpg
c0365716_20580313.jpg

秋に日差しを受ける薔薇を捉えるのはいつも横から差し込む時間帯
c0365716_20575846.jpg
c0365716_20575575.jpg

先日の大風でステムが少し折れたが
今年の一番花も楽しみな品種だ
c0365716_20575156.jpg

ザッと紹介しようと思ったが手抜きはやはり良くない
今日は本当はさっさとジュビリーでも紹介して、と思っていたが
写真を見ているうちに・・・あまりに美しすぎて本当にそんなで良いのだろうか?と思ってしまった(笑)
やはりせっかくなのである程度の事は書いておきたい、せっかく見ていただいている方も手抜きだと見てて面白くないだろう
あまり無理は出来ないが出来るだけ紹介していけたらと思う
ちなみにコメントの返信は遅くなると思いますが必ず返しますのでよろしくお願いいたします

とは言うもののこの一週間は気温が高く推移しそうな気配
今日はルイーズオディエの蕾の先が色付いているのを発見してしまった・・・
さて初開花はどの薔薇か、僕の予想ではルイーズオディエかバロンジロードランだが
新たに大苗で迎えたオリビアローズオースチンはさっさと咲いてしまいそう(これは蕾付きで来たのでカウントされず)

新たな苗を迎えて思う
これまでの我が家の傾向というか、バラのジンクスのようなもの
僕は写真付きのタグは庭植えで付いているとダサいので必ず外しているがイングリッシュやオールドのように
品種名のみのタグだとわりと外すのを忘れがちでそのまま付いている事がある
どうもタグが付いている薔薇に限って癌腫病になる可能性が非常に高いのだ。汗
気のせいかも知れないがそう思ってからは必ず迎えたらタグは外すようにしている
昨年は常々怪しいと思っていたバラに癌腫を多く発見したが
今年は取り敢えず今のところ発見してない
タグが無いと宿根草の名前はど忘れして暫く名前が出ない事が多いが
薔薇の名前は一本たりとも忘れることはまずないからタグなどなくても心配ない
皆さんはそんなジンクスありませんか?(笑)


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-05-18 22:53 | チャールズレニーマッキントッシュ | Comments(8)

レディ エマ ハミルトン

今日はレディエマハミルトンの紹介

なんとか急ぎ秋バラの記事を更新してきたが毎日記事を更新しても
今年のバラの開花までに秋バラの紹介が終わらない事が判明してしまった。大汗
いや結構前から判ってはいたがちゃんと紹介記事をアップしたかった
しかしこのままではお蔵入りになってしまう事が確実なので、今日からはざっと簡単な紹介でいきたいとおもいます
引き続きお付き合いいただければと思いますのでよろしくお願いいたします。




エマ・ハミルトン
残された絵画を見ると魅力的な美しい女性だが
エマの人生を知ると現代の女性ならこの名前を薔薇には名付ける事は無いだろうと思う
男性からみてもD・オースチン氏は何故この女性の名前を命名したのか不思議に思う
c0365716_22035679.jpg

僕はこのバラはどちらかと言うとセプタードアイルと似たような感じを受ける
どこか少女の愛らしさのような感じを受ける薔薇だ
c0365716_19411051.jpg


高く伸びるベーサルの下で咲く花
ピンチしたベーサルは一回だと高すぎて花の高さが合わない
しかし二回だと開花期が合わなくなってしまうだろう、どうすればよいのか・・・
c0365716_21255740.jpg

やはり雨の多い秋のバラ
c0365716_21254488.jpg

葉はすす病ではなくこういう色の葉
出始めは銅葉
c0365716_21252308.jpg


c0365716_21251925.jpg


c0365716_21251500.jpg


まるでフルーツのような花
この容姿にピッタリな濃厚なフルーツ香が素晴らしい
c0365716_21251096.jpg


色味はレディオブシャーロットと似ているが
比べようもないくらい性質は違う、それぞれに魅力高いバラだ
c0365716_21250688.jpg

下の写真はおそらくミゾレが降った後だろう、花弁が傷んでいる
c0365716_21250176.jpg

エマはモダンシュラブと言われるERの中でもブッシュ樹形なので
花は少し首を傾げる程度で下を向くことは無い
c0365716_21243556.jpg

個人的には咲き始めのオレンジよりも退色して淡い色になり色が複雑に混ざり合う方が好きだ
c0365716_21243015.jpg


c0365716_21242451.jpg


c0365716_21241892.jpg


c0365716_21241433.jpg


c0365716_21241028.jpg


c0365716_21240462.jpg


c0365716_21235857.jpg
c0365716_21234323.jpg
c0365716_21233740.jpg


c0365716_21233200.jpg

秋の開花はどれも日の高さや空気感が写真に出ていて面白い
c0365716_21232057.jpg


c0365716_21225041.jpg


そろそろエマの秋バラは終盤
c0365716_21223391.jpg
c0365716_21222633.jpg




よければポチっとよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-05-18 00:26 | レディエマハミルトン | Comments(6)

玉のような




今日はとんでもない強風が吹き荒れた
朝、今日は随分と風が強いなと思い鉢を寄せて出かけた
いつまでたっても弱まることの無い風、それどころかどんどん強くなってゆく
鉢植えは風当たりの良い場所に置いてあるのが気掛かりだった
帰ってみるとせっかく伸びた鉢植えの薔薇の葉がボロボロ、ステムも折れていた。涙
鉢を寄せていた事で鉢が倒れてなかったのは幸いだったが(まだそんなに伸びてない事もある)
昨日フサフサと紹介したロイヤルジュビリーは括っていた紐が解けてバッタリ倒れていた・・
地植えの薔薇もいくつかステムがポッキリ
今は少し収まってきたものの時折強烈な突風が吹いている
帰って瞬間最大風速を調べてみるとなんと30m近い強風が吹いていたようだ、台風並みじゃないか。大汗
毎年天候には抗えないが今年は妙に強風の日が多く、今日に至ってはこの始末
開花までどうなることやら・・・

また2015年、昨年秋に開花した薔薇を紹介
と言っても写真が膨大過ぎて整理するのに時間が掛かってしまい全て紹介出来るか微妙なところ。汗
秋は天候が悪く撮影できる時間も限られている
出来るだけ多くの写真を残そうと執念を燃やしたのだが・・・
どうやら燃やしすぎてしまったようで、同じような写真が大量に保存され
その異常な枚数に自分は馬鹿なのか?と疑ってしまうほどだ。大汗
そんな写真整理に追われすっかりゲンナリしていたが、気を取り直して一番花の時期に秋の薔薇の紹介をしたいとおもう(笑)

まず簡単に紹介できる薔薇から
アラン・ティッチマーシュ


c0365716_20185018.jpg


多花弁で大きめの中輪の薔薇だが意外に蕾は小さい
秋は3輪程の房咲きが多いように思う

c0365716_20190549.jpg


秋バラは何度も強烈な雨に打たれた、もちろんこのバラも例外ではない
雨を纏った姿も美しいライラックピンクの薔薇
玉のようにまん丸
垂れ下がっている姿はまるでアメリカンクラッカー・・・例えが古いか。汗
左下のバラはジュビリーセレブレーション、色の違いがよく判る

c0365716_20190180.jpg


見た目以上に花弁は繊細で強い日差しには弱く、一番花は気温が高いと短命だ
非常に繊細で愛らしい薔薇だが樹勢は強い方で大株になるらしい・・・
しかし我が家では樹勢があまり付いて来なかった、数年経って樹勢が付いてきたようにおもう
僕はこのライラックピンクでディープカップ咲きの容姿に一目惚れして迎えた

c0365716_20185767.jpg


8~10cmくらいの花経だろうか、とても良い大きさだ
香りは強香なようだが香りの印象は薄い
c0365716_20185330.jpg

高く括って枝垂れさせるように開花させているアランティッチマーシュ
低い位置にも開花するが殆ど見えない、切花にした方が良いかな
c0365716_20184658.jpg


お恥ずかしながら支柱と結束紐が見えてしまっている
まん丸から少しルーズな咲き方になっているが それもまた美しい
c0365716_20191441.jpg

まるでルドゥーテの描いた薔薇のようだ

c0365716_20190833.jpg


他にこんな咲き方の花も
よく見てみると葉の形が細長く特徴的なのが判る
そしてこの花のサイズにしてこの極細のステム
株の下の方に咲いた花で特にステムが細いが、これでは花が支えられるはずもない
あまりこのように開くことはないがこの花はボタンアイになっている
c0365716_20184232.jpg

ライラックピンクの愛らしい薔薇
今年の開花も楽しみにしている



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-05-16 21:42 | アランティッチマーシュ | Comments(2)